気持ちを律することが必要だと理解したバイナリーオプション

気持ちを律することが必要だと理解したバイナリーオプション

バイナリーオプションにチャレンジを始めた現在、気持ちを律することが必要だと理解しています。律することができなければ、無謀なポジションを持ってしまう可能性があります。無謀なポジションを何度も持ってしまうようなことがあれば、損失は大きくなります。そのため、ベストな時期が訪れるまで待つことによって、損失を減らして利益を大きくすることが可能です。

しかし、頭では理解していたとしても、精神的な面で自分を律するのは本当に難しいです。たとえば、為替が大きく変動している時、つい欲張ったポジションを持ってしまうことがあります。大きく変動しているため、儲けられるチャンスはありますが、為替が大きく変動しているという理由だけでエントリーするのはリスクが高いです。

ですから、今は根拠を持った上でエントリーするようにしています。時々、衝動的になってしまい、つい無謀なポジションを持つことはありますが、以前よりも少なくなっているため、成長を実感しています。

初めてのバイナリーオプション

私が初めてバイナリーオプションに参加したのは社会人1年目のころでした。
というのも、都会に出て働き始めたばかりでまだ給料も低くとにかくお金が無かったのです。

うわさで聞いてさっそく検索してみると、インターネットでは「数週間で何十万円も儲かった!」などの記事が散見されました。

さすがにそんな話は信じられませんでしたので、期待しすぎない程度に頑張ってみようと思い、入門サイトや本の立ち読みなどでバイナリーオプションについての勉強を始めました。1か月ほど情報収集に徹し、ある程度知識と戦略がついてきたところで早速参戦です。業者は日本のGMOクリック証券にしました。海外業者の方が利が遥かによく見えますが、換金トラブルや手数料の話を聞いていたので、そこを用心してのことです。しばらく日足、4時間足などを切り替えて相場の動きを観察して、上昇にかけてみました。
すると大当たり。初めてのバイナリーオプションでの利益を得ることができました。

その後も深追いしないように小さく負けて大きく勝つと意識してトレードを続けて、ある程度生活の足しにすることができています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です