ギャンブル性の高い、外国通貨取引の一つなんだな

ギャンブル性の高い、外国通貨取引の一つなんだな

 「バイナリーオプションってなんだ?」と思う方が大半だと思います。まず簡単に紹介すると、初心者でも簡単に始められる外国通貨取引の一つです。「外国通貨」、「取引」と聞くと難しいもののように思われますが、比較的簡単に始められるため最近人気が上がってきている「投資」方法です。

 イメージしやすいようにトランプのゲームで説明します。「ハイ&ロー」というゲームがあります。これは提示されている数字よりも「大きい」か「小さい」か当てていくゲームです。例えば「7」が提示されているとして、「7」の数字よりも次に引くカードの数字が「大きい」か「小さい」か当てます。このトランプの「カード」を「通貨」にして考えるとイメージしやすいと思います。

 現時点の通貨の相場が1ドル110円として、1時間後、3時間後のドルの相場が「上がる(ハイ)」のか「下がる(ロー)」のか当てていくことがバイナリーオプションになります。

 初心者でも簡単に始められること、またゲーム感覚にとても近いので、人によってはギャンブル性のある取引方法になります。また、海外の業者を装った詐欺事件も多数起こっているので、信頼できる業者を見定め始めることが大切です。

日本業者と海外業者のバイナリオプション取引

日本業者と海外業者のバイナリオプション取引

バイナリオプションは主に外国為替取引におけるオプション取引として近年人気が出ている金融商品です。

以前は日本の国内業者でも5分間や10分間などの短い時間での取引ができたのですが、博打性や投機性が高いために金融庁により規制の対象となりました。

現在は基本的にオプション購入から2時間以上たってから決済をしなければならない、口座開設に知識を求められるなど、以前に比べて稼げなくなったり新規参入しづらくなりました。

比べて海外の業者だと、いままでどおり短いスパンでの取引が可能です。必然的に取引チャンスも増えます。なので生活スタイルにあわせて夕方の6時から9時の短い間に取引したい方にも使いやすいでしょう。取引銘柄が多く、入金に対してボーナスやキャッシュバックがつくところも魅力的です。

しかしながらデメリットもあります。それは悪徳業者が元金や利益分の出金拒否をするといったことです。せっかく投資で儲けても出金できないのでは意味がありません。また、出金に時間がかかる、サポート体制が国内業者に比べて充実していないなどといったこともあげられるでしょう。よく吟味した上で業者を選ぶとよいでしょう。

バイナリーオプションとは一体何かを一から紐解いてみる

バイナリーオプションとは一体何かを一から紐解いてみる

「バイナリーオプション」とは、簡単に言えば、為替の相場が「上がる」のか「下がる」のかを予測して選び、利益を出すこと。
価格が上がる、と思えば「HIGH(ハイ)」を選択し、下がると思えば「LOW(ロー)」を選択します。

二つの答えから選ぶだけです。それによって、「バイナリーオプション」は、初心者の方でも始めやすい投資方法だと言えます。
しかし注意することは、まず、証券会社によって、「バイナリーオプション」が利用できない場合もあるということです。口座を作るときにはしっかり確認してから作りましょう。

もうひとつは、きちんと仕組みを勉強して行わなければ、「バイナリーオプション」はギャンブルをしているのと同じことです。
「バイナリーオプション」は、株式投資と比べると少ない資金で行えるので手軽ですが、リスク管理をきちんとしなければなりません。

勘やあてずっぽうで結果が出ているわけではない、ということを覚えておきましょう。

何かと耳にするバイナリーオプションという言葉。聞いたことはあるけど、一体どんなものなのでしょう。詳しく知れば、その面白さに気がつくはずです。

バイナリーオプションとは外国通貨取引の一種で、主に円ドルを対象に行われます。
という風に書くと、「難しそう」「よくわからない」などの言葉が出てきそうですが、簡単には言えば、トランプのハイ&ローを想像してくれればいいです。

ハイ&ローは最初に出たカードの数字に対して、次のカードの数字が高いか低いかを当てるゲームです。トランプのハイ&ローのルールはこのようにいたって簡単です。

バイナリーオプションは、このハイ&ローの数字が外国通貨(ドル)に代わっただけなのです。
そう考えるとバイナリーオプションがどのようなものなのか至極わかりやすくなります。
つまり、外国の為替相場において通貨の価値が上がるか下がるかを当てるものなのです。そして、ある程度相場を先読みできる目があれば、バイナリーオプションで勝つ確率も上がるのです。

金銭的な余裕があり、興味のある方は一度試してみてはいかがでしょうか。

結局儲かるわけはないのがバイナリーオプションの性質なのか?

結局儲かるわけはないのがバイナリーオプションの性質なのか?

バイナリ―オプションで儲かってマンション買っちゃった!と、ありきたりな宣伝ページに誘われ、つい登録。初回限定50,000円以上の入金でボーナス1.5倍というのでこれまたあっさり50,000円の入金。

入金後、マイページを確認するもボーナス分が計上されておらず、ごちゃごちゃいじっているうちに戻るボタンっを押してしまい、なぜかもう一度50,000円が入金されてしまうという残念な状況でスタート。

後から調べてみると、初回入金ボーナスが反映されるまでは1時間ほどタイムラグがあるとのことで、おとなしく待っていればよかったと後悔。ハイ・ローを一生懸命予想しながら続けるも、勝率約4割。勝ったとしても1.7倍にしかならないので、目に見えて初回入金分はなくなっていきました。

入金分が50,000円を下回りそうになったので、もう手を引こうと返金手続きをするも初回ボーナス分の返金条件を達成していないとの事で返金手続きに進めず。海外のサイトのため、基本的に設定・確認がすべてわかりずらい。もう面倒くさくなって、100,000円は勉強代だったと思い、諦めてしまいました。

残念なポジションが満期当選する

残念なポジションが満期当選する

バイナリーオプションでは、低倍率のチケットと高倍率のチケットを売買することで利益を出します。低倍率の方は為替レートに対して安全圏に位置しているため、チケットの価格が高いです。そのため、利益は小さくなりますが、勝率の高いトレードが可能です。一方で、高倍率はリスクのあるポジションとなりますが、満期が的中した時の利益は大きくなり魅力があります。

低倍率と高倍率は、どちらもメリットとデメリットがあるため、考え方次第となっています。私は低倍率よりも高倍率の方が魅力を感じるため、リスクのあるポジションを持つことが多いです。自分なりに考えてベストなポジションを導き出しているので、そこまでリスクは高いと思っていません。

しかし、まだバイナリーオプションを始めた頃の時は、残念な高倍率のポジションを持ってしまったことがあります。かなり自信があったので、大きな勝負にでましたが、予想と真逆の動きとなりました。損切りすらできない状況だったので、チャートを閉じて不貞寝しましたが、起床後にチャートを見ると資金が増えています。奇跡が起こったようで、残念なポジションが満期当選となりました。

簡単な仕組みなのに奥が深い!

簡単な仕組みなのに奥が深い!

株やFXは失敗すると大きな金額の失う可能性があるといった理由から躊躇していました。そんな時にインターネットの広告で見かけたのがバイナリーオプションです。

株やFXとは異なり、小さい金額から利用する事が出来る気軽さやハイアンドローを考えるといった簡単な仕組みとなっている点に惹かれて利用を開始しました。

実際に取引を始めてみると、やはり思った通りにいく事はなく失敗の連続でしたが感覚を掴むために少ない金額にしていた事が良かったようです。私が利用している証券会社のバイナリーオプションには、チャートや経済情報等がリアルタイムでかなり細かく更新されていたので急いでチャートの仕組みや予想の仕方を勉強した事を覚えています。利益を出す事が出来るようになるまで時間はかかりましたが、今では毎月お小遣い程度は稼げるようになりました。

また、数時間刻みの予想や深夜でも取引をする事が出来るので働きながらでも楽しむ事が出来ます。まだまだ、予想は外れる事も多いですが株やFXと同様にかなり奥が深いんだなと感じています。

気持ちを律することが必要だと理解したバイナリーオプション

気持ちを律することが必要だと理解したバイナリーオプション

バイナリーオプションにチャレンジを始めた現在、気持ちを律することが必要だと理解しています。律することができなければ、無謀なポジションを持ってしまう可能性があります。無謀なポジションを何度も持ってしまうようなことがあれば、損失は大きくなります。そのため、ベストな時期が訪れるまで待つことによって、損失を減らして利益を大きくすることが可能です。

しかし、頭では理解していたとしても、精神的な面で自分を律するのは本当に難しいです。たとえば、為替が大きく変動している時、つい欲張ったポジションを持ってしまうことがあります。大きく変動しているため、儲けられるチャンスはありますが、為替が大きく変動しているという理由だけでエントリーするのはリスクが高いです。

ですから、今は根拠を持った上でエントリーするようにしています。時々、衝動的になってしまい、つい無謀なポジションを持つことはありますが、以前よりも少なくなっているため、成長を実感しています。

初めてのバイナリーオプション

私が初めてバイナリーオプションに参加したのは社会人1年目のころでした。
というのも、都会に出て働き始めたばかりでまだ給料も低くとにかくお金が無かったのです。

うわさで聞いてさっそく検索してみると、インターネットでは「数週間で何十万円も儲かった!」などの記事が散見されました。

さすがにそんな話は信じられませんでしたので、期待しすぎない程度に頑張ってみようと思い、入門サイトや本の立ち読みなどでバイナリーオプションについての勉強を始めました。1か月ほど情報収集に徹し、ある程度知識と戦略がついてきたところで早速参戦です。業者は日本のGMOクリック証券にしました。海外業者の方が利が遥かによく見えますが、換金トラブルや手数料の話を聞いていたので、そこを用心してのことです。しばらく日足、4時間足などを切り替えて相場の動きを観察して、上昇にかけてみました。
すると大当たり。初めてのバイナリーオプションでの利益を得ることができました。

その後も深追いしないように小さく負けて大きく勝つと意識してトレードを続けて、ある程度生活の足しにすることができています。

株やFXで負け続けていた私がバイナリーオプションに光明を見出す

株やFXで負け続けていた私がバイナリーオプションに光明を見出す

投資歴がかれこれ15年ほどなので、相場の先を見る目は自信があります。また資金管理や借金をしてまで取引をしませんし、有る意味で常に淡々と機械的に取引が出来るようになりました。

しかし、それでも相場の世界では勝てない事が多々あります。私の理由は平均すると勝ち数が上回っても、大きな負けが続いてしまうのです。大きなといっても、相場経験がある人にとっては許容範囲だと思いますが、私にとっては大きいという意味です。その負けによって、利益分が吹き飛んでしまうのです。

最も多いのが、最初は利益が乗っていてそこから下がり、建値程になり、もう少し粘ると一気に下落するというパターンです。最初から損失なら迷わず損切なのですが、一度利益が乗るとどうしても夢を見てしまいます。

そこで強制的に決済されるバイナリーオプションが有効なのです。これは時間が決まっていて自動決済なので、私のように相場を見る目があり勝率は上回っているのに、損失が多い人には打って付けです。また、掛け金も少額なので損切できずに悩む必要もありません。バイナリーオプションは、新しい投資なのでいずれ株取引以上の存在になると思います。