バイナリーオプションとは一体何かを一から紐解いてみる

バイナリーオプションとは一体何かを一から紐解いてみる

「バイナリーオプション」とは、簡単に言えば、為替の相場が「上がる」のか「下がる」のかを予測して選び、利益を出すこと。
価格が上がる、と思えば「HIGH(ハイ)」を選択し、下がると思えば「LOW(ロー)」を選択します。

二つの答えから選ぶだけです。それによって、「バイナリーオプション」は、初心者の方でも始めやすい投資方法だと言えます。
しかし注意することは、まず、証券会社によって、「バイナリーオプション」が利用できない場合もあるということです。口座を作るときにはしっかり確認してから作りましょう。

もうひとつは、きちんと仕組みを勉強して行わなければ、「バイナリーオプション」はギャンブルをしているのと同じことです。
「バイナリーオプション」は、株式投資と比べると少ない資金で行えるので手軽ですが、リスク管理をきちんとしなければなりません。

勘やあてずっぽうで結果が出ているわけではない、ということを覚えておきましょう。

何かと耳にするバイナリーオプションという言葉。聞いたことはあるけど、一体どんなものなのでしょう。詳しく知れば、その面白さに気がつくはずです。

バイナリーオプションとは外国通貨取引の一種で、主に円ドルを対象に行われます。
という風に書くと、「難しそう」「よくわからない」などの言葉が出てきそうですが、簡単には言えば、トランプのハイ&ローを想像してくれればいいです。

ハイ&ローは最初に出たカードの数字に対して、次のカードの数字が高いか低いかを当てるゲームです。トランプのハイ&ローのルールはこのようにいたって簡単です。

バイナリーオプションは、このハイ&ローの数字が外国通貨(ドル)に代わっただけなのです。
そう考えるとバイナリーオプションがどのようなものなのか至極わかりやすくなります。
つまり、外国の為替相場において通貨の価値が上がるか下がるかを当てるものなのです。そして、ある程度相場を先読みできる目があれば、バイナリーオプションで勝つ確率も上がるのです。

金銭的な余裕があり、興味のある方は一度試してみてはいかがでしょうか。

結局儲かるわけはないのがバイナリーオプションの性質なのか?

結局儲かるわけはないのがバイナリーオプションの性質なのか?

バイナリ―オプションで儲かってマンション買っちゃった!と、ありきたりな宣伝ページに誘われ、つい登録。初回限定50,000円以上の入金でボーナス1.5倍というのでこれまたあっさり50,000円の入金。

入金後、マイページを確認するもボーナス分が計上されておらず、ごちゃごちゃいじっているうちに戻るボタンっを押してしまい、なぜかもう一度50,000円が入金されてしまうという残念な状況でスタート。

後から調べてみると、初回入金ボーナスが反映されるまでは1時間ほどタイムラグがあるとのことで、おとなしく待っていればよかったと後悔。ハイ・ローを一生懸命予想しながら続けるも、勝率約4割。勝ったとしても1.7倍にしかならないので、目に見えて初回入金分はなくなっていきました。

入金分が50,000円を下回りそうになったので、もう手を引こうと返金手続きをするも初回ボーナス分の返金条件を達成していないとの事で返金手続きに進めず。海外のサイトのため、基本的に設定・確認がすべてわかりずらい。もう面倒くさくなって、100,000円は勉強代だったと思い、諦めてしまいました。

残念なポジションが満期当選する

残念なポジションが満期当選する

バイナリーオプションでは、低倍率のチケットと高倍率のチケットを売買することで利益を出します。低倍率の方は為替レートに対して安全圏に位置しているため、チケットの価格が高いです。そのため、利益は小さくなりますが、勝率の高いトレードが可能です。一方で、高倍率はリスクのあるポジションとなりますが、満期が的中した時の利益は大きくなり魅力があります。

低倍率と高倍率は、どちらもメリットとデメリットがあるため、考え方次第となっています。私は低倍率よりも高倍率の方が魅力を感じるため、リスクのあるポジションを持つことが多いです。自分なりに考えてベストなポジションを導き出しているので、そこまでリスクは高いと思っていません。

しかし、まだバイナリーオプションを始めた頃の時は、残念な高倍率のポジションを持ってしまったことがあります。かなり自信があったので、大きな勝負にでましたが、予想と真逆の動きとなりました。損切りすらできない状況だったので、チャートを閉じて不貞寝しましたが、起床後にチャートを見ると資金が増えています。奇跡が起こったようで、残念なポジションが満期当選となりました。