バイナリーオプションって何?その仕組みと多くの人を惹きつける魅力に迫る

最近インターネットなどでバイナリーオプションで沢山お金を稼いだという話や友人がバイナリーオプションで100万儲けたなどということを良く耳にするので興味を持ち、バイナリーオプションについて調べてみました。
バイナリーオプションとは初心者でも簡単に行うことができる外国通貨取引の一つで最近人気がある投資方法の一つのようです。

バイナリーオプションを簡単に説明すると、現在1ドル100円だったものが10分後に100円よりも相場が上がるのか下がるのかを当てるものがバイナリーオプションとのことです。価格が上がるか下がるかを予想するだけの商品なので初心者でも簡単に始めることができるとのことです。

海外のバイナリーオプションは為替だけではなく日経225や金の相場などで幅広く行うことができます。

バイナリーオプションを始めるには、まずバイナリーオプションを扱っている証券会社で口座を開設する必要があります。ホームページで申し込みを行ってクレジットカードで入金するだけで取引が開始できます。

バイナリーオプションは株やFXよりも簡単に取引ができますが、儲けるためには自分が投資をしているという意識をしっかりと持ち、投資についてしっかりと勉強する必要があります。

トレンドを見抜いてバイナリーオプションで大儲け

為替相場は流れを見て売買するのが得策なので、バイナリーオプションをするときでも私はそうした考え方で戦略を練っています。判断基準として一番頼っているテクニカル分析は誰もが知っている移動平均線で、パラメーターも別段手を加えずオーソドックスな数値です。

以前までは、終了時にレンジ内に留まっていれば利益が発生するタイプの判定方法でやっていましたが、今はこの移動平均線を見てラダータイプのバイナリーオプションを楽しんでいます。なぜなら私が取引をする時間帯は米国の指標が次々と発表される夜中の辺りだからです。この時間は新たな流れを作りやすく、レンジよりもトレンドを発見してそれに乗るほうが簡単だとわかりました。

価格が大きく動く夜中なら、ラダータイプで現在地よりかなり離れたところを予想しても流れさえつかんでいれば到達しやすく、払い戻し額がとても美味しいです。なんとなくコツもわかって勝率が上がってきたので、最近はバイナリーオプションが仕事から帰ったあとの日課になりました。

バイナリーオプションのワンタッチがおススメな理由

バイナリーオプションはFXの延長にある取引です。似たようなものですが、個人の性格で合う合わないがあるのでどちらが良いとは言えません。

しかし私にはバイナリーオプションが合っているようで、その中のワンタッチという取引が気に入っています。それはFXプライムの場合は、1週間に一度予想するスタイルなので、FXのように無駄な取引をする事がなくなり資金管理をしやすくなりました。特に損失額をコントロール出来る点が、損切できない私にはぴったりです。

他にも大きく動くと予想すれば、万が一当たった時のリターンも大きく、さらにワンタッチなので一度でもその値に達すれば良いのです。これは株やFXでよくある、もっと利益が出ると思い我慢していると結局建値に戻ってしまうというパターンを回避できます。それらの点からもワンタッチはとても気に入っています。

投資をギャンブルとするなら、完全に明確なルールがある方が良いのです。いつでも買えて売れる(決済)出来るという事は、一見すると良く感じますが逆に動いた時に心理として負けを認めたくなくなり、結局塩漬けという最悪パターンになってしまうからです。

バイナリーオプションの使いやすさ

バイナリーオプションというものが人気を集めています。これは外貨取引ではあるのですが、FXとはちょっとまた違うんです。バイナリーオプションが相場が、これから上昇するのか下降するのかを判断するだけですから初心者には敷居が低いかと思います。

確かにFXであれば、ちょっと複雑に思えてしまうことも多くあります。
売買するのにもどういう方式なのか、どれくらいの期間ポジションを持つのかなど色々と考えないといけないですね。

もちろん慣れてしまえば、いたって普通に売買していけるのでしょうが一見すると複雑すぎるのは確かなので初心者は尻込みしてしまうでしょう。

バイナリーオプションはいつまでポジションを持つか、どうやって買うかがすでに明確に決まっています。
ですから特に混乱する要素は無いように思えますし、とてもシンプルです。
そのうちに、「いつ」ハイとローどっちをチョイスするかを決めるためのテクニックや経済指標を深く知っていけるようになります。

海外業者が乱立しているのはなぜか

日本では、バイナリーオプションの業者というのは、そこまで多くありません。最近増えてきていますが、それでも10社もあるわけではなく、サイトとしてもそこまで多くない中で選ぶことになります。一方で、バイナリーオプションは海外の方が多くなっており、海外サイトだと20以上用意されているのです。

このような違いが生まれている理由として、海外では規制があまり強くないので、バイナリーオプション本来の良さを体験しやすくなっていること、簡単にサイトを作り上げることができる点にあります。その代わりに、悪質業者の参入が増えており、それによってバイナリーオプションの詐欺行為が生まれてしまっています。

本来なら起こらないことが、海外業者を利用したことでおきてしまうことがあります。バイナリーオプションを利用する際は、信頼できる日本の御者を利用するか、儲けることができる海外業者を利用するのか、それをしっかり考えていかなければなりません。

まずはここからチャレンジ、バイナリーオプション

バイナリーオプションとは外国通貨取引の一種です。例えば、今の1ドルが100円だと仮定した時、10分後に1ドル100円から円高になるか円安になるか。この2択を予想する取引をバイナリーオプションといいます。ハイ・ローの2択で取引が出来るため、株式等は難しくてよくわからない、という方も、比較的始めやすい金融商品だと言えます。

しかし、始めやすいからといってまったくリスクがない訳ではありません。予想があたれば投資した金額に一定の倍率をかけた金額を受け取る事が出来ますが、予想が外れてしまった場合、投資した金額はすべて損失になってしまうというリスク。短期間で複数の取引が可能なため気が付けばかなりの損失になってしまうというリスク。また、海外サイトにおいては国内サイトほどサポートが徹底しておらず、メールの返信が遅い、換金が遅い、何かと理由をつけて換金を渋られる、といったリスクもあるようです。

こういったリスクをしっかり把握し、無理な投資を避け、実績のある国内業者できちんと運用する事ができればその他の金融商品よりも黒字になりやすいのがバイナリーオプションです。バイナリーオプションを取り扱う国内サイトも複数あり、それぞれ最低投資単位や払い戻し倍率などが異なるので、まずは自分にあったサイトを見つけるところからスタートです。